gf1940281802l

太陽ソーラーシステムといえば地球環境に優しいという点や日中に使う電力を全て自分で賄うことで電気代を浮かせる事が出来る点が注目されがちですが、太陽ソーラーシステムを利用することで売電制度と呼ばれる制度を利用する事が出来ます。

この制度は昼間発電した電力を電力会社に売却する事によって収入を得る事が出来るというシステムで、日中電気をほとんど使用しないという方はこの制度を利用する事によって月々の電気料金をさらに減らす事が出来ます。

現在日本の売電制度は売電する人に大きな利益を生み出す事が出来るように設定されています。

なぜならこの売電制度は太陽ソーラーシステムをより多くの人に普及させるために利用されており、早いうちにソーラーシステムを導入すれば非常に高額な売電価格で取引を行なえる事が出来るということをアピールすることでより多くの方にソーラーシステムを普及させていました。

しかし高額な価格設定のままだとすぐに赤字になってしまうので近い将来売電価格は今よりももっと安くなる事が予想されています。

売電で少しでも利益を得たいという方はまだ価格が下がりきっていないうちにソーラーシステムを導入したほうが良いでしょう。